TOP | 女性が資格を取ったほうがいい理由 | 女性が資格を取得するメリット | 勉強のススメ! | 女性が稼げる資格ランキング | 当サイトについて |

女性の資格どう選ぶ?

スポンサードリンク

<どんな資格を取ればいいか?>

資格を選ぶポイントは3つあります。

1.資格を取る目的とライフスタイル
2.適性
3.受験資格とコスト面


当然のことですが、資格は使わなければ意味がありません。

資格はたいてい費用と時間をかけて取るものなので、きちんと費用分を回収できるもの、自己投資できるものが望ましいです。

どの資格を取れば良いかということは、人によって違います。

資格をとって収入を上げたいなら、戦略的に資格を選ぶ必要があります。

ですが、あなたが得意ではない分野の資格を取って、収入は上がったとしても、楽しく仕事ができないかもしれません。

適性や興味のあること、収入面、将来性、資格取得に関する費用などいろいろな面から検討していく必要があるのです。

1.資格を取る目的とライフスタイルを考える

資格を選ぶときに大切なことは、資格を取る目的を考えることです。

・今の会社でスキルを延ばすために関連資格を取っていく
・希望の部署への異動のため
・再就職や転職のため、
・独立開業のベースを作るため

など
資格は何のために取るのか?が重要です。


また自分のライフスタイルについて考えておきましょう。
「あと3年後には、こうなっていたい」とか、「来年には再就職したい」
「今の仕事でさらにスキルを伸ばそう」「新しいことに挑戦する」
など将来なっていたい自分の姿をイメージして目標を立てるのも良いでしょう。

目標を立てるのに、遅いということはありません。
働き方も選択肢が増え、年代が上がっても転職や再就職をして、バリバリ仕事ができる時代です。
まずは、こうしたいなというところからやりたいことを描いてみましょう。


2.適性を考え、情報収集する

資格を取得するときに、その分野が好きかどうか、適性があるかということも大切です。
数字が好きではないのに、数字を扱う資格を取っても、仕事をするのがイヤになってしまうかもしれません。

法律・会計・経理・金融・建築・不動産・語学・教育・IT・デザイン・医療・福祉・食・スポーツ・・
などジャンルを挙げるだけでも様々なものがあります。

興味のある資格が見つかったら、情報収集してください。特に未経験分野の資格を取る場合は、予備校のパンフレットの宣伝文句を鵜呑みにするのはおすすめできません。
資格の有効度、就職率、将来性やその分野で働いている人の話など、いろいろな角度でリサーチしたほうが良いです。


<ニーズと将来性>

資格取得で収入面を重視したり、就職のしやすさを望むなら、ニーズや将来性を重視しておく必要があります。
ニーズを高めるには、複数の資格を取得するのも効果的。
簿記+パソコン系資格 語学+他の専門分野 など+αのものがあるとアピール材料になることもあります。


スポンサードリンク

<受験資格>

資格には誰でも受験できる受験資格がないものと、年齢制限や高校卒業など一定の学歴などを要求される受験資格のあるものがあります。

自分が取りたいと考えている資格に、受験資格があるかどうかは事前にチェックしておきましょう。
また、今受験資格がない場合は、今後受験資格を得られるかどうかも検討ポイントです。


<収入とコスト>

資格取得を考える場合、資格取得にどのくらいの費用がかかるか?ということもチェックしておく必要があります。
当然のことですが、資格は使わなければ意味がありません。
資格はたいてい費用と時間をかけて取るものなので、費用分を回収できるもの、自己投資になるものが望ましいです。(楽しみのため、趣味のための資格はまた別ですが)

資格を取るにはスクールに通って、数十万円〜の費用がかかるかもしれませんが、その費用が回収できて、自己投資になるなら、支払う価値があります。

社会人でもビジネススクールに通うなど自己投資を続けて、収入を上げている人がたくさんいます。

費用とその効果について考えた上で、資格取得の計画を立てると良いでしょう。