TOP | 女性が資格を取ったほうがいい理由 | 女性が資格を取得するメリット | 勉強のススメ! | 女性が稼げる資格ランキング | 当サイトについて |

資格の種類

スポンサードリンク


資格には3つの種類がある

資格と一口にいっても、有名な難関資格から、比較的取得が簡単な趣味の資格などさまざま。

膨大な数の資格には、種類があって、

国家資格

公的資格

民間資格

の3つの種類があるのです。

国家資格とは

国家資格とは、その名のとおり国が与えてくれる資格のことを指します。
国家資格を取得するためには、国や都道府県などの地方自治体、またはその指定する期間が行う試験に合格する必要があります。

国家資格の例としては以下のような有名資格が並んでいます。

司法試験、公認会計士、税理士、弁理士、不動産鑑定士、薬剤師、看護師、管理栄養士、理学療法士、保育士、宅地建物取引主任者、調理師、美容師、情報処理技術者 など

これら有名資格がどうして国家資格になっているのか?というと

国が認めた一定のサービスの質を提供するため

です。

つまり、上に挙げたような資格は公共性や社会性が高い仕事なので、いい加減なサービスをされては困ります。
そのため、国が一定の試験を行い、合格した人だけがその業務を行うことができるということなのです。

スポンサードリンク


公的資格とは

公的資格とは、「文部科学省認定」など官庁や大臣が認定している資格のことで、公の機関が試験を実施しているものを指します。

例えば
文部科学省認定の資格には
実用英語技能検定(英検)、秘書技能検定、ビジネス能力検定、色彩能力検定 など経済産業省認定のものには、消費生活アドバイザーなどがあります。


民間資格とは

民間資格とは、一般の団体などが独自に実施している資格です。
民間資格とはいっても、社会的に認められている資格や特定の業界では需要が高い資格などがあるので、チェックしておきたいところです。
ただ、あまりニーズがない資格も混じっていることがあるので、事前に調査しておきましょう。


また、これらの資格とは別に、一定の講習などを終了すると取得できる終了資格というものもあります。

資格を選ぶときは、自分にあった適性や収入、取得費用などを検討して最適なものを選びましょう。