TOP | 女性が資格を取ったほうがいい理由 | 女性が資格を取得するメリット | 勉強のススメ! | 女性が稼げる資格ランキング | 当サイトについて |

福祉の資格


福祉・介護の資格を取るメリット

2000年から介護保険制度が導入され、高齢化社会に伴って益々ニーズが高くなることが予想される福祉・介護の分野。
この分野は社会に対する貢献度が高い仕事で、資格の取得者も女性が多い傾向があります。
収入などの環境面はまだ十分整っているとはいえませんが、社会貢献度が高く、人とのつながりや必要とされるなど仕事のやりがいなどを重視する人には向いています。

福祉の資格にはどんなものがあるか?

福祉の資格の代表格としては、国家資格の社会福祉士があります。
福祉サービスを望んでいる人の相談に乗るなどの援助を行うのが社会福祉士で、公共性の高い仕事です。
そのほかには、精神保健福祉士や、母子指導員など、また福祉住環境コーディネーターなどの資格もあります

介護の資格は?

介護系資格の国家資格には介護福祉士があります。ケアワーカーとも呼ばれる資格で、お年寄りの身の回りの世話をする専門家ですで、施設などが職場になります。
また今後の高齢化社会でニーズが上がるのが予想されるのが、ホームヘルパー。
利用者の自宅を訪問して、世話をするなど生活を支える仕事です。
スキルアップのためには、介護福祉士を目指すケースも。
また、介護計画を立てるケアマネージャーなども注目資格です。