TOP | 女性が資格を取ったほうがいい理由 | 女性が資格を取得するメリット | 勉強のススメ! | 女性が稼げる資格ランキング | 当サイトについて |

医療の資格

スポンサードリンク


医療資格を取るメリット

医療系は、専門性が高い仕事で、仕事もハードな職種もありますが、その分やりがいがある分野。努力や技術次第で収入に反映できるでしょう。

その分、取得するには一定の学校に通うなど受験資格を得るのに時間と費用がかかります。受験資格も制限があるケースが多いのでこの分野の資格を取得する場合はあらかじめよく調べる必要があります。

スポンサードリンク


医療資格には何があるか?

医療系資格の中で、就職率も抜群で、生活力も持てる資格のため女性に人気なのが看護師です。
看護師になるには、文部科学省大臣指定の学校か、看護師養成所などに通う必要があります。通常の看護学校に通う年代の人だけでなく、20代後半や30代から看護学校に入りなおす人もいます。

また、女性に人気が高いのは「医療事務」です。
看護師などのように、受験資格も難しくなく、パートやアルバイトなどでも働けるので主婦にも向いています。
資格を取得するには、通学か、通信講座などを受けたあと、試験などを受けて取得でき、合格率も高めです。


それ以外の有名な医療の仕事といえば、「医師」「薬剤師」「理学療法士」「作業療法士」「臨床工学技士」「歯科衛生士」などさまざまなものがあります。

専門的な資格ばかりなので、指定の学校を卒業するなど受験資格がきちんと定められています。

また、カイロプラクターや柔道整復師、はり、きゅう師などの医療の資格に含まれます。

また、人を癒すという意味で医療の資格にはいるのが民間資格の「アロマコーディネーター」
美容関係でよく利用されるアロマですが、医療関係者が癒しの効果を上げるために取得する場合もあるようです。