TOP | 女性が資格を取ったほうがいい理由 | 女性が資格を取得するメリット | 勉強のススメ! | 女性が稼げる資格ランキング | 当サイトについて |

会計系資格

会計資格を取るメリット

会計に興味があったり、数字に強いなどの適性があれば、ぜひ目指して欲しいのが会計系資格です。企業が経済活動をしている以上、かならず必要とされるのが「会計」です。

会計資格は、3大資格といわれている公認会計士を筆頭に、税理士、簿記などいろいろな資格があります。会計に関する仕事は、景気に左右されることもなく、ニーズが高いのでスキルを高めれば高収入を狙えます。
事務の仕事をしたい人にも簿記などの資格はおすすめ。就職・転職に有利な1級を目指したいところです。

最近は会計事務はパソコンを使うのが当然ですので、ある程度のパソコンスキルは必須。より高いパソコン能力があれば評価されます。


会計資格はどんなものがあるか?

まずは、3大資格の一つ、公認会計士。
試験の難易度は高いのでスクールを利用するひとがほとんどです。実務経験も必要になり、費用も時間もある程度かかりますが、その価値はあるでしょう。
仕事はハードめですが、やりがいもあり、高収入が狙えます。

また、税理士は税金関係の専門家で、これも難易度は高めですが、やりがいのある仕事です。
まず税理士を取ってから公認会計士を取るケースも多いです。


事務の資格を希望している女性におすすめなのが簿記です。
一般事務だけでなく、経理事務も視野に入ってくるので、仕事の幅が広がります。

また簿記は公認会計士や税理士などのベースになる知識でもあるので、スキルアップにも最適です。
受験資格は特になく、誰でも受験することができます。
簿記は4級から1級までありますが、2級や1級を狙いたいところです。