TOP | 女性が資格を取ったほうがいい理由 | 女性が資格を取得するメリット | 勉強のススメ! | 女性が稼げる資格ランキング | 当サイトについて |

実務経験+資格で有利に!

スポンサードリンク


やっぱり実務経験は強い!

資格を取得するということは、基本的な専門分野の知識や技能を身につけたということです。
本当にに大切なのはその後。資格をとったあとにその知識を磨いていくことにあります。

転職市場で見たとき、資格のみでは少し弱く、「資格+実務経験」があると、スキルとしてはかなり強いです。

ですので、資格を取得した後はぜひ、その資格をブラッシュアップしていってください。

たまに、資格だけでは使えないといった言葉を耳にしますが、それは「実務経験がないと使えない」ということを指します。

逆にいえば、資格に加えて、実務経験があるとかなり強いということ。

では、やっぱり実務経験もないし、資格を取るのがムダなのかというと決してそんなことはありません。

だれでも始めは、経験などありません。

資格は知識のベースになりますから、ないよりはあったほうがもちろんいいのです。

そして、資格を取得したら、すこしずつでも実務経験を積んで経験を磨いていきましょう。

そうすればあなたの市場価値はグンとアップします。


未経験のときは資格はアピール材料のひとつ

未経験の分野に入るとき、資格はひとつのアピール材料になります。

資格の勉強をしたということは、前向きさをアピールできるからです。

ですが、たとえば転職のときに

「私は○○の資格を持っています」というアピールの仕方はおススメできません。

資格だけでは採用の決め手にはならないからです。

資格+やる気や熱意、また人柄などを上手にアピールすることが大切です。

持っている資格を使ってその会社で何ができるか、どんな貢献をしたいかなど相手の立場に立った言い方をしましょう

スポンサードリンク


資格はこう使える

こういう話をすると経験がないとやっぱり資格は取得しても意味がないのでは?
と思うかも知れませんが、そんなことはありません。

資格は意欲を客観的に証明できるからです。
口だけで「やる気があります」というよりは、

この仕事がやりたかったので、こういう勉強をして資格を取得し、すこしでも近
づけるよう努力してきました」

というのでは、説得力が違いますね。
主観的ではなく、客観的に上手にアピールできるのです。


また、資格がないと応募さえできないという場合もあります。
やりたい業種があるならば、やはり資格を取得しておいたほうが近づける可能性
が高くなるのです。