TOP | 女性が資格を取ったほうがいい理由 | 女性が資格を取得するメリット | 勉強のススメ! | 女性が稼げる資格ランキング | 当サイトについて |

職務経歴書(職歴書)の書き方


転職活動をするとき、用意しておかなければいけないものが、履歴書や職務経歴書などの書類。

履歴書はアルバイトや就職などのときに書いたことがある人も多いですが、職務経歴書は今まで書いたことがないだけに、何を書けば良いの?と悩んでしまう人も多いようです。

職務経歴書は何のためにある?

そもそも、職務経歴書の目的は?というと、採用されるため、自分をPRするためにあります。
職務経歴書は自分がどんな仕事をしてきたか?どんなスキルを持っているか?仕事への意欲や姿勢などを上手に採用担当者に示す資料なのです。

ですから、ただ空欄をうめるだけではなく、わかりやすく、自分らしさを売り込める資料にする必要があります。


職務経歴書の内容は?

職務経歴書に、具体的に何を書くか?というと

職務の経歴(勤務先や所属・職種、担当などを詳しく書く。数字なども使うと良い)
資格やスキル(取得している資格や身につけたスキル。業務に関連していたほうが良い。現在学習中の資格なども)
自己PR(志望の動機や意欲、求められているスキルがあることをアピール、入社したらどう貢献できるか など)

などを記載します。


職務経歴書(職歴書)の書き方

職務経歴書は、こう書かなければいけないというフォーマットはありませんが、主に時系列順に書く方法と職務内容ごとに書く方法があります。

時系列順に書く職務経歴書>
いつからいつまでといったように時間ごとに職務の内容を追って書くスタイル。
勤務していた会社概要や業務の内容、取得資格スキル、自己PRなどを書く。
一般的にこのスタイルで書く人は多い。ただし、時間を追っていくからとダラダラ書かず、アピールしたいポイントが分かるように書くのがポイント。

職務内容ごとに書く>

専門性が高い仕事やいろんな分野の仕事についてきた場合など、仕事の内容ごとにわけて書くスタイル。職務内容、その実績をそれぞれ記載、資格やスキル、自己PRも書く。

上記のような書き方がありますが、職務経歴書のフォーマットは基本的に自由なので、このような書き方をせずある程度オリジナルに書いてもOKです。

自分がアピールしたいことに合わせて、職務経歴書を作るのがポイントです。。採用担当側が見たときにわかりやすく作成すること心がけましょう。


書くことが少ない・書けることがあまりない場合は?

職歴が浅かったり、ブランクがある、あまり書けるような仕事をしてこなかった・・など書けることが少ない場合は、自己PRを多めにして、意欲をアピールしたり、資格などの学習面や自己啓発面などを記載しましょう。
特にブランクや空白期間がある場合は、次の仕事のために資格の学習をしていたなど前向きな理由を考えましょう。活動中にアピールできるよう、今から仕事に関連した学習を始めるのもオススメです。


職務経歴書の作成におすすめなツール

履歴書や職務経歴書をどう書いたらよいかわからない・・という人におすすめなのが

dipのジョブエンジンエージェント履歴書・職務経歴書の自動作成ツール 。無料登録で利用でき、設問に答えるだけで、文章を自動で作成してくれます。

そのまま印刷も可能。そのまま利用しなくても、これを下敷きにして自分オリジナルの経歴書を作ってみるのもオススメです。

ジョブエンジンエージェントの履歴書・職務経歴書作成ツール



ジョブエンジンとは?

dip.jpg人材サービスの(dip)ディップが運営する転職求人サイト。求人を検索して、応募が可能。履歴書・職務経歴書の自動作成ツールや、職種別職務経歴書作成マニュアルが便利。無料登録で利用でき、匿名スカウトも受けられます。